冷え性カインズ
ホーム > 妊活サプリ > 妊娠中は薬が飲めないの?

妊娠中は薬が飲めないの?

一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。

 

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、生殖機能が落ちるといった報告があります。

 

冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。

 

血液の循環を良くして新陳代謝を促し、ストレスを和らげる効果もあります。

 

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。

 

仲良くしている友人が妊活中に漢方を欠かさず服用していたようでした。彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

 

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心できますね。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠できたので、良かったと思っています。

 

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に積極的な葉酸の摂取が求められています。

 

赤ちゃんが健やかに育つように、葉酸サプリメントで補いながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。

 

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。

 

ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。

 

妊活中は男性もサプリを摂取!亜鉛が特に必要!