冷え性カインズ
ホーム > 妊活サプリ > 1日に摂る葉酸の推奨される摂取量とは?

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量とは?

卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。

 

ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どの成分に注目すればよいのか分からないという方が殆どだと思います。

 

そうした場合、粉ミルクの成分を参考に、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

 

葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しい方は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できるという訳ですね。

 

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

 

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

 

妊娠中の十分な摂取によって、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。

 

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。

 

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。

 

男性不妊のサプリメントについて!口コミをチェック!